アトピーすとーりー

アトピーの経験からサイトを製作!

 

自分はアトピーでいろいろ悩みました。
アトピーがつらくて死を考えたこともありました。

 

アトピーで2つの病院にいったり、いろいろなアトピーグッズを使ったりもしました。

 

 

ステロイドを使ってもアトピーは治りませんでした。
家に帰宅して、アトピーをかきむしったこともありました。
お風呂からあがって、アトピーをかきむしってしまったこともありました。
おしりのアトピーが悪化しすぎて、立って食事をすることもありました。

 

 

アトピーがある程度よくなった今も、おしりには色素沈着が残っていて、おしりがかさかさしているので、立って食事をしていたりします。

 

立って食事をするのもなかなかいいものですよ。
おすすめはしませんけど。


 

このサイトは、そんなアトピーの経験から思ったことをいろいろ書き綴ったサイトです。

 

現在はアトピーのかゆみには困っていません。
でもいまだにアトピー肌なのでどんどん記事を書いています!

 

 

 

アトピーを治そうとする気持ちと持論を持っていますか?

アトピー関連製品を使うことより大事なこと、それは・・・

 

アトピーを治そうとする気持ち

 

です。

 

 

アトピーを治すのを薬や病院まかせにしない。
アトピーが悪化しても人のせいにしない。

 

自分でアトピーを治す。
こういう意識が大事です。


 

「精神論でアトピーを治せる」
と言いたいわけではありません。

 

でもスポーツにも【流れ】というものがあります。
流れなんていうものは、目に見えないものです。

 

でも解説や実況もよく言いますけど、スポーツの試合は
「流れをつかんだほうが勝つ」
とよく言われます。

 

本人がアトピーを治す気持ちがないのなら、アトピーはなかなか治っていかないものです。

 

 

アトピーがつらく、だれもがアトピーを治そうという気持ちは持っているはずなんです。
でも
「アトピーを治そうと自分自身が努力をしよう」
「アトピーを治すために一生懸命がんばろう」
と思っている人は多くないように思います。

 

「アトピーはいつか治るだろう」と、軽く考えている人が多いんです。
たしかにアトピーはなにもしなくても治るものなんですけどね。

 

 

アトピーを治そうとする気持ちは、本当にアトピーでつらいことがないと持てません。
人間そんなものです。

 

がんになった人をみて
「かわいそう」
と思っても、がんの人の気持ちにはなれないものです。

 

がんの人をかわいそうだと思っても、ガンについてそこまで詳しく調べたりしないはずです。
だって他人事ですからね…。
でもそれが普通なんです。

 

 

ただアトピーになったのだから、アトピーになった人はもっとアトピーについて自分の中でこだわりを持つべきです。
「アトピーを治そう」
という気持ちは、持たなくてはいけないとおもいます。

 

アトピーを治そうと自分の中で強く意思を持てば、自然と自分の中でアトピー対策ができあがるはずなんです。
そのあなた独自のアトピー対策ができたとき、アトピーはどんどんよくなっていくはずです。

 

誰でも最初は無知です。
でも自分の体がアトピーになったわけでなので、生活を続けていくうちに、アトピーに良いこと悪いことがわかっていくはずです。

 

 

アトピーを治そうとする気持ちがないのなら、いつまでたってもアトピーはよくならない可能性があります。
本人の中でのアトピーの知識が蓄積されていきませんから。

 

いつまでたってもアトピーがよくならず
「今後アトピーと付き合って生きていこう」
と諦めてしまう人も多いです。

 

決してこの考えを否定するわけではありませんけどね。
自分も一時期はそう思っていたところがありました。

 

 

 

自分の体のことは自分が一番わかっている!管理も自分で

 

自分の体のことは自分が一番よくわかっているはずです。
アトピーは誰かに治してもらう症状ではなく

 

自分自身の力で治すもの

 

です。

 

 

アトピーの人はそこをまずは理解しないといけない。
医者と患者は基本赤の他人です。
医者はお金をもらっているから、アトピーの人をみてくれているわけであって、アトピーを治そうと全力を尽くしてくれるわけでももないです。

 

もし医者が1人のアトピー患者につきっきりになれば、他の患者がおろそかになってしまいますし。

 

 

病院に行って
「アトピーが治らなかった!」
なんていうのは、まだまだ自分でアトピーを治そうとしていない気持ちの表れかと。

 

 

アトピーについて無知だという人もいると思います。
でも、アトピーを治す絶対の方法なんてありあせん。
みんな無知なんです。

 

 

アトピーはこれといった正解がなければ、間違いもありません。
だから、自信満々でアトピー対策を語る人もいます。
たしかに人のアトピー対策を実践するのもいいと思います。

 

でも、自分がアトピーなら、自分が良いと感じるアトピー対策が自然とできあがるはずなんです。
自分の体のことなんですから!
自分の体のことは自分で管理するという覚悟を持つ必要があります。

 

アトピーについては無知でも、自分の体のことはわかっているはずです。

 

 

 

アトピーがつらく死を考えるようになって本気で治そうと思う

 

自分もはじめは軽い気持ちでアトピーを治そうとしていました。
なかなかアトピーが治らず、今後ずっとアトピーと付き合って生きていく可能性もあると思っていました。

 

でもアトピーが悪化して、アトピーで死を考えるようにもなりました。
どうにかして、このアトピーの状態を改善しないと人生の先が真っ暗でした。

 

 

「死を選ぶぐらいなら全力でアトピーを治そうと努力しよう」
と思いました。
その意識がアトピーを改善に向かわせたのだと思っています。

 

 

アトピーってつらい症状ですけど、命の危険はそれほどありません。
だからどうしてもゆるく考えてしまいます。

 

でも長くアトピーと付き合っていると、アトピーがつらくてつらくてどうしようもないときが来ると思います。
そのときにアトピーを治すチャンスが来るのかもしれません。

 

 

皮肉なことに
「アトピーがつらい!」
「アトピーなんていやだ!」
と強く思ったとき、そこからアトピーを治すチャンスが生まれるわけです。

 

アトピーに悩めば悩むほど、アトピーを治すチャンスがでるわけですね。

 

 

 

 

人間失敗はする!でもアトピーを治そうとする気持ちは忘れてはダメ!

 

人間たしかにアトピー対策をがんばろうとしても、途中でついついアトピーに悪いことをしてしまうこともあると思います。
食事制限なんて特にそうですよね。

 

アトピーにいいものを食べていたのに、ついついアトピーに悪いものを食べたり、暴飲暴食をしてしまい、アトピーをかきむしってしまったりする。

 

 

それでもいいと思います、アトピーを治そうとする本気の気持ちがなくなっていないのなら、いつかはアトピーはよくなると思います。
人間そこまで優秀ではないので、たまにアトピーに悪いことをしてしまいます。
みんなそんなものです。

 

 

人間「明日から本気出す」という考えでもいいと自分は思っています。
ただ「明日から本気出す」とさえも思わなくなる。
そうなってしまうと現状を打破する可能性は低くなってしまいます。

 

 

もしずいぶんとアトピーが長引いている人は一度本気でアトピーを治そうと考えるのをおすすめします。
アトピーを治すのに足りないのは、自分自身の気持ちなのかもしれません。

 

案外アトピーはどんぞこな状態まで悪化して、アトピーを治せるきっかけをつかめるかもしれませんね。
自分はそうでしたから。

 

中途半端なアトピー状態だと、アトピーを治そうという気持ちがなかなか生まれないです。
ものすごくアトピーが悪化して治すきっかけをつかめたりします。
人間状況が悪くならないと、本気にならない人って多いですから。

 

 

 

 

 

自分自身のアトピー理論!アトピー生活から答えを見つける

このサイトは私自身のアトピー理論を書いています。
私のアトピー理論には、これと言って根拠のないものも多いです。

 

自分がアトピーになってみての経験談

 

そこから気づいたものがほとんどです。

 

そこには、自分がアトピー生活を送って
「これってよくないかも?」
と感覚で思ったものも多いです。

 

 

というか、アトピーに理屈なんていらんでしょ。
「それにはアトピーを治す理由がない」
とかいう人いますけど、アトピーを理屈で治せるのなら苦労はないです。

 

 

アトピーになったから、アトピーについてわかることも多かったです。

 

でも、基本中の基本の、「つめを切る」というのは絶対にしておきましょう!


 

ただ、アトピーというのは理屈や、他人の意見よりも
アトピーになっての体験談こそ参考になるもの
だと自分は思っています。

 

そもそもアトピーに正解なんてないんです。

  • アトピーには食事製品が重要
  • 好きなものを食べたほうがストレスがたまらないからいい

このようなことを聞いたりしますが、どちらも間違いではないです。
どちらが正解なんていうものない。

 

常識的に考えれば「食事制限するのが正解」と思う人が大半だと思います。
実際その場になると、好きなものを食べれないというのはつらいですから。
ストレスがアトピーに悪いというのは自分も実感していますし。

 

 

他の人が効果がないといっても、自分の中でアトピーに効果があると考えたのなら自分はそのアトピー対策を行います。
そんな自分がアトピーになって、アトピー対策になりうると考えたことや思ったことを記述したサイトが、この

 

アトピーすとーりー2

 

です。

 

 

よろしくおねがいします。


 

アトピーすとーりーにはブログもあってそのアトピーすとーりーのブログはこちらです。

 

【アトピーすとーりーブログはこちら】
アトピーすとーりーブログ

 

アトピーについていろいろ書いています。
最近はやや放置がちなので、見なくてもいいですけど。
一応このサイトがアトピーすとーりー2なので、1のほうも紹介しておきます。

 

 

 

アトピーの治し方は沢山ある!健康にいいアトピー対策がおすすめ

 

アトピーの治し方はいろいろあります。
ネットで調べても、沢山のアトピー対策がありますが、自分のおすすめは

 

健康にいいアトピー対策

 

です。

 

 

アトピーの人はアトピーに注目しすぎですが、人間ほかにも病気になったりします。
アトピーは死には直結しませんが、死に直結する病気もありますよね。
ガンなんかはまさにそうです。

 

アトピーの人は
「ガンになんて自分がなるはずないよ」
と思っているかもしれませんが、アトピーの原因が腸が弱っているからだとするのなら

 

大腸がんになる可能性は少なくない

 

です。
自分はガンにはなりませんでしたが、血便がでて潰瘍性大腸炎になりましたからね。

 

 

アトピーは自分の体が弱っていて、それを伝えるSOSでもあると自分は思っています。
アトピーの症状がでたら、健康にいいことをして、自分の体を正常化する。

 

そうすることによって、死に直結するような病気や、つらい病気になる未来を変えることができるかもしれません。
ある意味アトピーに救われる可能性だってあるんです。

 

 

よくわからないアトピー対策をするより、実践すれば健康によさそうなアトピー対策がおすすめです。
健康にいい食べ物を食べるアトピー対策や、運動をするアトピー対策なんかがそうですね。

 

保湿系は肌が綺麗なままでいたい女性には有意義なことかもしれませんが、男性にとっては関心がない人も多いと思います。

 

 

やっぱりアトピーがどうのこうのより

 

健康が一番大事

 

ですよ。
アトピーだったとしても、健康であれば幸せだと自分は思っています。

 

ほんとつらいから!
体が苦しくなるような症状は、生きていてつらいです。

 

 

 

 

 

最近のアトピー情報サイトに減滅

アトピーって正解がないんですよ。
だからネットにあるアトピーサイトに書かれていることが間違っているとは思いません。

 

でも、自分がアトピー向けサイトをみてイライラするのは
【アトピー以外のところの点】
です。

 

とにかくマナーが悪いというか、画像の盗作というか、引用という名のパクリが氾濫しすぎているという点です。

 

自分もこうやってアトピーサイトをやっているので、自分の画像がパクられたことがあります。
はっきりいって、そういうのは本当に腹が立ちます。

 

 

「引用しているだけ」
とパクった側はいうかもしれません。

 

でもそういうところが、最近のアトピーサイトはマナーがないというか、強引すぎる気がします。

 

 

まぁしょうがないと思います。
アトピーに知識がないけど、アトピーに関する画像や文章をとにかくひっぱってきて、いかにもなサイトを作っているところが多すぎます。

 

他のアトピー情報サイトって、自分がこうやってアトピー向けサイトを作っている点もあってイライラしてきますね。
「自分だけよければいい」
なスタンスでサイトをやっているところが多すぎると思います。

 

 

少なくとも自分は
「他人のアトピーの状態画像をパクって張るのはひどすぎる」
と思っています。

 

気持ち悪くないのかな?
他人のアトピー画像をパクって、自分のサイトに掲載するとか。

 

なんかそこはマナー違反とかではなく
「人間としてどうなの?」
と思います。

 

 

ほんと怖いわ。
そして気持ち悪いですよね。

 

考えてみてください、自分がサイトをやっていて、そこに自分のアトピー状態を載せてみた。

 

するとその画像がパクられて、自分のアトピー状態が別のサイトに掲載されるとか…。
なんだそれ。

 

昔のアトピーサイトがよかったなんていいませんけど。
今のアトピーサイトは、根本的にどうかしている人が多いように思います。

 

 

どんなアトピー対策を書こうと、アトピーに正解はないのでいいと思います。
でも他人のアトピー画像をパクるのだけは、やめてくれ!

 

他人のアトピー画像をパクってサイトに掲載している人のアトピーサイトは、見ていてすごく気持ち悪いです。

 

 

 

アトピーはなにもしなくても治る人もいる!休む質

アトピーはなにもしなくても治る可能性があります。
むしろ、もっと休むことがアトピーが治ることにつながる人もいます。

 

行動するだけがアトピーを治す方法ではないです。
ちゃんと休息も必要です。

 

 

アトピーの人は

 

休む質を上げる

 

ようにしてみてください。
人間なにもしていないようにみえて、生きているといろいろしています。

 

いつもしているなにか1つをやめるだけでも、大きく楽になったりします。
たとえば、食べることでも

 

食べ過ぎると人間疲れる

 

ものです。
いつもはおなかいっぱい食べている人は、腹八分目で食べるのをやめると疲れにくくなる人もいます。

 

 

休む質も電気がついているところで横になるより、電気が消えたところで横になったほうが疲れは取れます。
電気の明かりがついて休むより、暗闇で眠ったほうが熟睡できますよね。
そして座るより横になったほうが疲れは取れます。

 

「そんなのでアトピーが治るとは思えない」
という人もいるかも知れません。

 

結局そういうふうに理由をつけて、なにもしないからアトピーが治るきっかけさえもつかめないわけです。
休む質をあげるというのは、むしろ

 

なにもしない努力

 

ともいえます。

 

 

人間いろいろするほうが疲れると考えている人もいるかもしれません。
なにもできないというのも苦しいものです。

 

子供の頃はよく自分も
「暇だ〜、暇だ〜」
と文句を言っていました。
年齢を重ねると、「暇」っていう言葉はまったく使わなくなりますね。

 

暇を楽しめるような心に余裕がある生活を送るのが理想です。

 

 

夢中になれることは、たしかに楽しいのです。
時間を忘れて夢中になれます。
でも夢中になっていろいろやると想像以上に体も心も疲れています。

 

すべてのことをやめる必要はないです。
でも時間や量を少なくしてあげると、アトピーが治りやすくなる可能性は十分ありますよ。