ステロイドをつかってみた感想

ステロイドを5年ほど使ってもアトピーは治らなかった

自分はステロイドを5年ほど使いましたけど、アトピーは治りませんでした。

じゃあ、ステロイドはアトピーを治すのに効果がないかといわれれば
そういうわけでもないと思います。

 

そもそもアトピーが治るか治らないかというのが
ステロイドですべてが決まるというわけでもないでしょう。
それは他のことでも同じことだと思います。

 

たとえばアトピーだった人が3人いて、それぞれ
「私は食事制限をしてアトピーを治しました」
「私はステロイドを使ってアトピーを治しました」
「私は脱ステロイドをしてアトピーを治しました」
と、3者3用なことをいっていたとする。

 

でも、食事制限をしていた人だって、他になにかアトピーグッズをつかっていたかもしれませんし
ステロイドをつかっていた人も、食事制限をしていたかもしれません。
脱ステロイドをしていた人は、ステロイドのかわりに
なにかアトピーグッズをつかってアトピーを治した可能性が高いでしょう。

 

まぁそういう感じで、自分がステロイドを5年ぐらい使ってもアトピーが治らなかったのは
たしかにステロイドが効果なしだったからとも思えるんですけど
自分がステロイドを塗っていた5年間は、結構不規則な生活をおくっていたので
アトピーが治らなかったのはしょうがなかったのかもしれないなぁ
と思いました。

 

でも、ステロイドってやっぱり使い始めの効果に驚くわけです。
そして徐々に効果が感じられなくなってきて、惰性で塗ることも多かったと思います。
効果を感じられなくなったからステロイドを塗るのをやめたわけなんですけど
リバウンドとかは特にありませんでした。
なぜなら、すでにステロイドを塗っていてもかゆみどめ効果は実感できない状態で
ステロイドを塗っていてもかきむしってしまっていたので
ステロイドを塗ろうが、ぬらなかろうが、ポリポリ掻いてしまっていました^^;

 

ステロイドがアトピーを治すのに効果があるのかどうかは謎ですが
ステロイドが徐々に効果が実感できなくなるというのは本当だと思います。
だから、ステロイドを使おうと思っている人は

 

ステロイドを使いはじめた瞬間こそ、アトピーを治すチャンス

 

だと思います。
逆にいうのなら
ステロイドを塗って長いことたってしまったのなら、アトピーを治すのは難しい
かもしれませんね。
自分のおしりも、今はかゆみはでていませんが、皮膚は少し薄い上にかさかさですし
ちょっと黒くなっちゃっていますからね。
これがステロイドの副作用かどうかと考えると、ステロイドの副作用の関係もあるかもしれませんが
おしりを掻きすぎてしまったことが一番の原因だと思うので
ステロイドの副作用って、でやすいのは毛が濃くなるというものだとおもいます。
自分は腕より足のほうが毛深いですから、これがステロイドの副作用なのかな?
とか思ったりしますね。

ステロイドを5年ぐらい使用してみての感想関連エントリー

ステロイドのかゆみどめ効果は高い
ステロイドのかゆみどめ効果は高いです