おしりのアトピー

自分が一番つらかったおしりのアトピーの思い出

自分はいろいろな箇所がアトピーになりました。
その中で一番つらかったアトピー箇所がおしりのアトピーです。

 

 

おしりがアトピーはなる人がすくないようですね。

 

アトピーといえば、手や足、顔や背中あたりが多いようです。
自分はおしりのアトピーが一番重く、その次に足にアトピーがなりやすい感じです。

 

 

おしりのアトピーのきっかけは、長時間座っていたらおしりが汗ばんでかゆくなりました。
夏でした。

 

長時間テレビゲームをして座っていたら、おしりが汗ばんでかきむしっていました。
すると気がついたときには、おしりが黒ずんでいました。

 

それがおしりのアトピーのきっかけというか、原因でした。

 

 

結局はアトピーって自分で作り出せる症状だと思います。
なんとなくかきむしっていたら、そこがアトピーになってしまうわけです。

 

人間の体は
【悪くなるのは一瞬。治すのには一生かかる】
そう思ったほうがいいですよ。

 

場合によっては
「なってしまったら手遅れ」
な病気もありますから。

 

やっぱり予防というか、健康の状態をキープするのが大事なことです。
「悪くなったら治せばいい」
なんていう生活だと、いつか泣きを見ます。

 

 

 

 

おしりのアトピーで座れない!今現在も座らないけど

 

おしりのアトピーの状態が最悪だったときは、座ることも大変でした。

 

おしりをかきむしった後は、おしりがヒリヒリしていましたから!
だから座るときは、そーっと座るようにしていました。

 

 

おしりがアトピーで、できるだけおしりに負担をかけたくありませんでした。
家でご飯を食べるときは立って食べるようにしていました。

 

立ってご飯を食べる癖がついたのか知りませんが、今でも家ではご飯は立って食べています。
立って食べるのもなかなかいいものです。

 

立ち食い専門店もありますし。
立って食べるということが、もっと普通になればいいのに!

 

 

他にも自転車は基本立ちのりをしていました。

 

パソコンは座ってするのではなく、寝てするようになりました。
癖がついてしまったので、このサイトの記事を書いている今現在も寝ながらやっています。

 

今では座ってパソコンをやることは考えられません。

 

 

 

 

 

おしりがアトピーで警察に止められた話

 

さっきも言ったとおり自分はおしりのアトピーがつらく、自転車も座らないで立ち乗りしていました。

 

自転車を立ち乗りをしていた自分を不審に思ったのか

 

警察に職務質問

 

を受けました。
自転車を盗んだから、たちのりをしている(自転車のサイズがおかしい)のだと思われたのだと思います。

 

 

びっくりしました。
普通に立ち乗りで自転車をこいでいたんです。

 

するとパトカーが並走して
「そこの自転車止まりなさい!」
と言ってきたんです。

 

パトカーが自転車に乗っている青年に
「止まりなさい!」
なんて強引に停止させることなんて、そんなにないでしょ。

 

 

いや、びっくりしましたよ。
だって、なにも悪いことをしていないのに、パトカーに止められたわけですから!

 

 

その警察も自分が自転車を盗んでいないとわかって、不機嫌そうでした。
いや、不機嫌になりたいのはこっちだから!

 

 

それからは警察をみつけたときは座って乗るようにしましたね。
今ではおしりのアトピーもずいぶん治ったので、基本座り乗りです。

 

でも、自転車の立ち乗りも、あれはあれで楽でした。
スピードがでやすいですから。

 

 

警察も自分を止めるより、もっとやるべきことがあると思うんですけどね。

 

いや今では自転車の乗り方がいろいろ問題になっていますからね。
自転車をたちのりしていたら、当時よりもっと止められやすい世の中かもしれません。

 

 

実際自分は座れないわけではないんです。
でも、おしりに負担をかけると、またすぐにアトピーが悪化してしまいます。

 

だからできるだけ座らないようにしています。
アトピーの人はアトピーが治っても、再びアトピーになる可能性は高いです。
気をつけてほしいです。

 

 

 

 

座らなすぎて、おしりの筋肉が落ちた?長時間座るとおしりが痛い

おしりがアトピーで、ずいぶん座るということをしなくなりました。
1日まったく座らないこともあります。

 

その関係か、長時間座った後に立とうとするとおしりが痛むときがあります。
おしりの筋肉が弱まったのか?
なぜなのかはよくわかりませんが、長時間座るとおしりに異変がでます。

 

これはいまでもそうです。
今でも長時間座ったあとに、立ち上がろうとすると、おしりに激痛がはしります。

 

 

これ、今はまだいいですけど。
高齢者になって認知症になったとき、長時間すわって、そこから立ち上がろうとしたとき
「イタタタタタタ!」
と言って、周りを心配させそうです。

 

なので、自分が認知症になる前に、自分を看病してくれる人に対して
「長時間座った後に立ち上がったらおしりが痛む」
ということを伝えておかないといけないな…なんて思っています。

 

いや、自分を看病してくれる人なんているのか知りませんけど。

 

 

だから人間座るべきなんです。
座るっていうのも、大事なことだと思います。

 

座るというと「休んでいる」と感じます。
少なくとも、たっているほうが疲れるイメージがあります。

 

でも人間座るという動作もちょくちょくしないといけないものなんだと思います。
それが座ることをずいぶんしなかった自分は感じています。

 

 

少なくともみんなご飯を食べるときは座ると思います。
でも自分はご飯を食べるときは立って食べています。

 

そしてパソコンをやるときは寝ています。

 

 

座ることといったらトイレぐらいなんです。
トイレでそこまで長いこと座ることなんてありません。

 

家でのトイレはおしっこのときも座りションですけど。
そんなに長時間座っているわけではないですから。

 

 

自分が長時間座ることといったら

 

車での長距離移動

 

ぐらいです。

 

後は外食時ぐらいかな。
さすがに店先で立ち食いはできません。

 

1時間ほど同じ姿勢で座っていると、立ち上がるときにおしりが痛くなります。

 

 

 

 

 

おしりのアトピーを掻くのが一番気持ちいい

自分はいろいろな箇所がアトピーになりましたが

 

おしりのアトピーをかきむしるのが一番気持ちいい

 

と感じました。

 

 

おしりのアトピーはやばいです。
かきはじめると、止まりません。

 

おしりは目にはみえない点も関係しているのだと思います。
アトピー箇所がぼろぼろになっても、おしりは目で見るのは困難ですから、ブレーキを踏むことができません。

 

これが自分の目でみえる箇所なら、ぼろぼろになっていく自分の体をみて、ブレーキをかけることもできると思うんです。

 

 

おしりのアトピーは危険です。
今ではおしりのアトピーのかゆみもずいぶんよくなりました。

 

それでもかきむしったせいか、ちょっと黒ずんでいますし、ちょっと刺激をうけるとすぐにかぶれます。
これが結構きつく、夏場はおしりのアトピーが再発しそうになります。

 

どうしても自分は夏場のじんわり汗ばむ季節に、おしりのアトピーが悪化しやすくなりやすいみたいです。

 

 

 

おしりのアトピーはガーゼでガードしてあげると治りやすい

おしりにアトピーができてかぶれると、滲出液がどばどばでていました。
そうなったらガーゼでガードしています。

 

 

 

これ大事!
悪化する前に、おしりのちょっとしたアトピーはガーゼを貼ってあげてください!

 

 

1週間ぐらいガーゼでガードしておけば、かなりよくなっています。
ガーゼが滲出液をガードしてくれますし、一石二鳥です。
おしりとパンツがくっつくこともありません。

 

ガーゼをしていなかったときは、おしりとパンツが滲出液でくっついていましたからね。

 

【ガーゼ販売店一覧はこちら】
ピップ ガーゼ

 

【ガーゼを貼るテープはこちら】
ホワイトテープ

 

自分はピップのガーゼを使っています。

 

たまに膝にも滲出液がドバドバのアトピーができたりするので、膝のアトピーの悪化のときもガーゼを貼っています。
滲出液がどばどばでるアトピー箇所にはガーゼが有効ですよ!

 

 

というか、馬鹿高い保湿剤なんか買うより、ガーゼを貼っておいたほうが効果が高いと自分は思っています。

 

なぜかガーゼを貼っていないと、かきむしっていないのにアトピーが悪化したりしますから。
衣服とアトピーがすれるのが悪影響なんでしょうかね?
不思議です。

 

 

ガーゼを貼っておくと、ガーゼとアトピー箇所の滲出液がくっついていて、なかなか剥がせないときもあります。

 

お風呂前に剥がして、お風呂上がりに再びガーゼを貼る。
それを繰り返していくうちに、アトピー箇所はどんどん小さくなっているはずです。

 

気長にいきましょう。

 

【おしりアトピーを治す方法紹介記事はこちら】
おしりのアトピーを治す方法!大人のおしりアトピーの治し方

 

おしりアトピーを治す自分なりの方法を書いた記事を作ってみました。

 

 

まぁおしりアトピーについては、いくらでも書けてしまうので書き足りないところもあるんですけど。
おしりアトピーは、他のアトピーと比べて

  • かゆみが強い
  • 滲出液がでやすい

この2点があると思っています。

 

おしりアトピーになると、良い意味でまぬけな生活になってしまうと思います。
そのまぬけな生活を割り切ってできるのかどうかが、治せるかどうかの分かれ目だと思いますね。

 

おしりを大事にする生活にしないと、おしりアトピーはなかなかよくならないと思います。

おしりのアトピーの思い出 座らない生活記事一覧

【アトピー】おしりをかきむしったら気持ちいい!止まらなかった

アトピーの特徴としてかゆみがあります。かゆみがでてもかきむしるのは我慢すべきなんですが我慢できずにかきむしると気持ちいいんですよね。なんか今思い出したら、あんなにかきむしってしまって恐怖というか、よく肌が壊れなかったと思うぐらいかきむしりました。思い出したら、冷や汗がでてきます^^;これ、もう一度言...

≫続きを読む

 

食事をするときに立って食べる

ご飯を立って食べるというのは行儀が悪いという人もいるかもしれません。でも、おしりのアトピーがつらかった自分にとっては座って食事をすることは、アトピーの悪化につながると思ったので立って食事をするようになりました。少なくとも、寝て食事をするよりは立って食事をしたほうがいいですよね!?立って食事をするのが...

≫続きを読む

 

自転車に乗る時も立って乗っていた

おしりがアトピーのときは、座れないほど大げさなほどひどかったわけではありませんが少しでもおしりへの負担を軽減する為に、自転車は立ち乗りをしていました。自転車ってこいでいるとおしりに汗をかきますからねぇ。アトピーを少しでもよくするために、自転車に乗る時は立って乗っていました。はじめのうちは座って乗って...

≫続きを読む

 

今では寝てパソコンをやるのが普通

おしりにアトピーがあったので、前までは座ってパソコンをしていたんですが寝てパソコンをするようになりました。寝てパソコンをするってすごい楽!行儀が悪いと思う人もいるかもしれませんが寝てパソコンをするというのは、すごい楽なのでおしりのアトピーが治った今も寝てパソコンをやっています悪い癖がついたなぁ!この...

≫続きを読む