アトピーと油の質

アトピーの人は油の質にこだわるといい!油を絶つのは難しい

アトピーの人は油がよくないといわれていますが
油を摂取しないことは、ほぼ不可能でしょう。

 

 

アトピーの人には

 

えごま油

 

がよいとされています。
ごま油ではなくて、えごま油なので注意してください。

 

おそらく普段から使っているのはサラダ油だと思います。
自分が掲載したのはごま油なんですが
ここらへんは賛否がわかれているところです。

 

実際のところ、「油を絶てばアトピーが治る」と言われたって
そりゃー、油を絶つことができるのなら
すべての人は、そんな油を摂取したいなんて思っていないでしょう。

 

そしていろいろある油の種類だって
人によってアトピーにいい油だという人もいれば
アトピーに悪い油だという人もいる
油はすべてアトピーに悪いという人だっています

結局アトピーなんていうものは、曖昧なものなんです。

 

でも、だからといって無知でいいというわけではないと思います。
自分が良いと思った油を使えばいいとおもいます。
もちろん、油を使わなくても大丈夫というのなら
わざわざ油を無理して使う必要もないでしょう。

 

でも、ダイエットをしている人に

 

食べなければ痩せる

 

といわれたって、そんなのあたりまえですし
それができないから困っているんですよね。

 

だから、自分は「油を絶てばアトピーは治る」と言っても
そんなのはあたりまえだと思いますし
それができないから、困っているところがあると思うんですが
なぜか自信満々でそういうことを言われると
「そうか!油をとらなければいいんだ!」
と思って、実際に油を完全に絶つ人もいるのですごいと思います。

 

 

話がそれましたけど、油を絶つのが不可能なら
油の質にこだわればいいと思います。

 

アトピーにはえごま油がいいといわれていますが
えごま油はすごく値段が高いので、購入するべきかどうかは
それぞれの判断になるでしょうね。

 

そもそも普通の生活を送っていたって
そこまで多くの油を摂取していないと思うんだけどなぁ。
揚げ物といったものを、少し控えるだけで十分だと思うんですけどね。

油の質を考える関連エントリー

カレーは辛いものが危険?
カレーは辛いものがアトピーに悪い?アトピーとカレーの関係について考えます。
食事を改善するのなら周りの力は必要不可欠
アトピーで食事を改善しようと思っているのなら、周りの協力は大事でしょう。
アトピーなら食事を抜くのもいい
無理して食べるのなら、食べないほうがいいです。 腸を休めることで腸が健康になり、アトピーにいい効果がでる可能性もあります。
アトピーでも油っぽいものを食べてもOK?
アトピーでも限度を超えなければ、油っぽいものは食べてもOKだと思う気持ちが重要です。
アトピーで食事を制限して家族が太る
アトピーで食事制限をしたら、家族が太りがちになるかもしれません。
アトピーとチョコレート
アトピーにはチョコレートはよくない?よさそうには思えない
ゲップでアトピーによいかどうかがわかる?
ゲップをすると、その前に食べた食べ物がアトピーによいのかどうかがわかる?
冷たいものより、熱いものを食べる
腸を冷やすのはアトピーの悪化につながる気がします。熱いできたてを食べるのが一番です。
アトピーになったら最高級の物が食べれる!
アトピーになると食事制限がいろいろ言われていますが、アトピーになると食べ物の質にこだわる必要があるので、最高級の物が食べれるはずなんです。
油を避ける食事
アトピーによくないものとして、油があげられることが多いです。
ケンタッキー食べたらアトピーが悪化した
ケンタッキーを食べた日にアトピーが悪化しました。
アトピーにいい米ゆきひかり
ゆきひかりはアトピーにいいお米だとされています。腸内環境を整える効果もあります。
アトピーと牛丼の関係!牛丼はアトピーに悪い?
アトピーと牛丼の関係を考えます。牛丼は自分で作ったりはおそらくしない。アトピーに悪い可能性は高い。
アトピーと焼きそば!焼きそばはアトピーに悪い?
アトピーと焼きそばの関係について考えます。焼きそばはアトピーに悪い?ソースの関係が気になる。
アトピーとケーキの関係!ケーキはアトピーを悪化させる?
アトピーとケーキの関係を考えます。ケーキを食べるとアトピーが悪化するのか?昔のケーキと比べれば今のケーキはかなりいいぞ。
アトピーとチョコレートと乳酸菌ショコラの関係!アトピーが悪化する?アトピーがよくなる?
アトピーとチョコレートの関係を考えます。乳酸菌ショコラというチョコレートも登場しましたが、アトピーはよくなるのか、悪化するのか考えます。
アトピーはホットなお茶を飲めば治る
アトピーはホットなお茶を飲めば治ります。人間体を冷やさないで、体の機能を落とさないことは重要です。