アトピーがつらくて死を考える

アトピーはつらいが死を考えるような症状ではない!死はとても怖い

アトピーがつらくて死を考えたこともありましたが
今ではアトピーはそこまで死を考えるほどの症状ではないと思っています。

 

 

それはアトピー以上に
「あ、これ死ぬかも」
と感じるような体の不調を体験したからです。

 

人間、死ぬとわかったら怖くなって、「生きたい」と思うものです。
自分は少なくともそうでした。

 

その体験をしてから、アトピーはたしかにつらいですが
アトピーで死を考えるというのは、逃げというか、少しずれているように感じました。

 

死というのは、逃げというか、楽になるものではありません。
本当に死というものがせまったらとても怖いものです。

 

だからアトピーがつらくて死を考えている人は、死を甘く見ているように感じます。
たしかに人間やることやって死を迎えるのなら、それは納得いくのかもしれませんが
いきなり死が迫ると怖くなりますから!

 

でも、多くの人は死というのは自分で選べないものだと思います。
突然の死だったりするわけですよね。

 

アトピーの人は「アトピーがつらくて死にたい」といっても、いますぐに死にたいわけでもなく
やることやって、満足したら自分で命を落とそうという

 

甘い考え

 

だと思うんですよ。
でも、死というのは、もっとこわいものですから、アトピーがつらくて死を考えたというのは
あまり口を大にして言わないのほうがいいのかもしれませんね。

 

やっぱり死は怖いです。
死にそうになったら、絶対「アトピーでも生きていたい!」って思いますから。
人間アトピーでも生きていることには価値があると今では思っています。

 

どんなにつらい人生でも、生きているっていいことというか
死というのはすごく怖いものだと、死にそうになってそう思いました。