アトピーかきむしりの自己嫌悪

アトピーをかきむしった後の自己嫌悪に考える!

アトピーの人は、アトピーのかゆみに完全に勝てるというか
掻かないでいられる人はほぼいないと思います。

 

 

どんなにかゆみを我慢しても、一度はかきむしってしまったことがあるのではないでしょうか。
自分はよくアトピーのかゆみに負けてしまい、かきむしっていたりしたのですが

 

その後の自己嫌悪

 

はすごかったです。
かきむしったらアトピーがよくならないとわかっていて
かきむしった後はいつも
「もう掻かないぞ!」
と思うのですが、その後2,3日もすればまたかきむしってしまう。

 

「もう掻かないぞ!」と思っていただけにかきむしったときは自己嫌悪になり
また「もう掻かないぞ!」と思うのですが、また2,3日もしたら
「ちょっとだけなら大丈夫だろう」と思い、気がつけばかきむしっていて
自己嫌悪になるという繰り返しでした。

 

アトピーのかゆみというのは、掻けば掻くほどかゆくなるものといわれますけど
こういった自己嫌悪も繰り返すたびに
どんどん落ち込み方が激しくなるといえるのかもしれません。

 

アトピーをかきむしった後に、反省するのはいいことだと思います。
でも、いくら思い悩んでもかきむしってしまったことには変わりないので
切り替えていくしかないと思いますね。

 

朝にアトピーをかきむしってしまったときは、自己嫌悪で1日中テンションが落ちていました。
だから朝にアトピーをかきむしったら、1日がアトピーでつぶれるというか
そういうことがあったので、朝にかきむしるのは気をつけたほうがいうか
アトピー箇所をかきむしってしまっても
ある程度したら立ち直る精神力は必要なのかもしれませんね。

 

ただ、アトピー箇所をかきむしっても、ひとつも反省しない性格だと
アトピーをかきむしることに抵抗がなくなってしまうので
アトピーを掻いてしまったら、反省して多少は自己嫌悪にならないとだめな気はします。