アトピーがよくなるのを喜ぶ

アトピーでかきむしっても皮膚は再生される

アトピーは完治が難しい人もいるかもしれませんが

 

アトピーがよくなっていくのは誰にでも経験あること

 

です。

 

アトピーって1日でも結構よくなったりします。
特にかきむしってしまった直後は、結構皮膚が元通りになったりします。
人間の自然治癒力に驚かされます。

 

 

かきむしるのが止まらなくて、ものすごくボロボロになってしまったアトピー箇所。
それが1日眠ったら、結構皮膚が出来ていたりします。
そのときは、ほっとしましたね。

 

まぁかきむしりすぎて色素沈着が残ってしまっていますが。
もしこれが皮膚ができず、アトピー箇所がぼろぼろだったら痛くて痛くて大変なことになっていたと思います。

 

こういう点からも
「アトピーって治る症状」
な点は、すごく助かりました。
いろいろな意味でですね。

 

治るというよりは
「皮膚が再生される」
ので助かりました。
人間ってすごい!

 

 

 

 

アトピーが治っていくことを喜ぶ

アトピーがよくなっていっているのを、喜ぶことができれば、それはアトピーの人にしか味わえない特権ともいえます。

 

 

 

自分もアトピーで、すごくアトピー箇所がかゆいときがありました。
でもアトピーをかきむしらず、眠ることができた次の日は、アトピー箇所をかきむしらなかった自分を褒めたく思ったりしました。

 

 

アトピー状態がよくなっていくというのはうれしいものです。
そしてアトピーというのは、完治まではなかなかいきませんが

 

ある程度まではスピーディーによくなっていく

 

特徴があります。

 

なので、気がついたらアトピー状態がずいぶんよくなっていて驚く人もいるでしょう。
アトピーに悩まされない日が続くと、アトピーのことを忘れていて、気がついたらアトピー状態がずいぶんよくなっていたというのはよくあることです。

 

 

ダイエットも体重が落ちていくことに喜びを覚える人がいます。
なので、ダイエットグッズにお金を使っている人をみて
「そんな高いもの買っても、ダイエットに効果がないかも。お金がもったいない」
と感じる人もいるかもしれません。

 

でも、そういう製品を買っているほうからしたら
「趣味」
なところも強いわけです。

 

 

アトピーももしかしたら
「アトピーグッズを試すことが趣味」
な人もいるかもしれません。

 

自分もアトピーブログをやっていましたから。
一時期はそういうところがあったりしましたね。

 

 

 

 

アトピーのつらさもよさもアトピーの人にしかわからない

アトピーはたしかにつらい症状です。
できればなりたくありません。
でもアトピーの人にしか味わえないことも多々あります。

 

 

太ってダイエットに成功したうれしさは、常にスリムな人にはわからないと思います。
まぁ常にスリムな人は、体型をキープするために常に気を使っているのかもしれませんけど。

 

ダイエットでなんどもリバウンドしてしまう人は、痩せるうれしさを味わいたいからすぐに太るのかもしれません。
芸能人なんかになると、ダイエット本をだしたいという理由で、なんどもリバウンドをして、そのたびにダイエットをするのかもしれませんし。

 

 

アトピー箇所をかきむしった気持ちよさも、アトピーの人にしかわからないと自分は思っています。
まぁそもそも、アトピーのかゆみさえも、アトピーの人にしかわからないですよね。

 

もちろん、アトピー箇所をかきむしるというのは、よくないことなんですが、アトピー箇所をかきむしったときの気持ちよさを味わえるのは、アトピーの人の特権なんです。

 

 

アトピーはたしかにつらい症状で、アトピーを恨むこともあるでしょう。
自分もアトピーがつらすぎて死を考えたこともありました。
でも考えようによっては、アトピーも決して悪いことだけではないと思います。

 

 

アトピーだからこそ、健康に気を使うようにもなりました。
そういう点で、もしアトピーにならなかったら、今でも不健康な生活を送り、
命の危険がある悪い症状にかかっていたかもしれません。

 

アトピーになったからこそのメリットというものも探せばあるものだと思いました。

 

 

アトピーの経験がある人は、肌への手入れがうまく、アトピーが治ったあとは、肌が綺麗な人が多いとも言われています。
アトピーの経験がその後に生きることもあるのでしょうね。

 

人間人生なにがきっかけで成功するのかわかりません。
案外アトピーのおかげで人生がうまくいくこともあるのかもしれません。

 

もしアトピーにならなかったのなら、今ごと別の病気で死んでいたかもしれません。
アトピーは体の異常を知らせてくれるサインなのかもしれませんね。