ステロイドでアトピーが治らなかった

ステロイドでアトピーが治らなかったのはステロイドが悪い?

ステロイドといえば、一時期バッシングがすごかったです。

 

 

その理由が

 

ステロイドには副作用がでる危険がある

 

からでしょう。

 

 

そしてステロイドを使ってもアトピーが治らなかった人にとっては、副作用の危険のある薬を使った分だけ損をしたという気になり

 

ステロイドではアトピーは治らない!

 

そんな感じでアンチステロイドになった人も多いと思います。
自分も「ステロイドではアトピーは治らない」とか「脱ステロイド」とか言ったりしましたね。

 

 

ステロイドといえば、一時期はアトピーの悪役の薬というのがピッタリだったね。

 

ステロイドを処方する医者に対するバッシングもあったよ。


 

自分は実は結構前から気づいていたのですが

 

「ステロイドというのはそこまで悪い薬ではなかったんじゃないか」

 

と思っています。
それを直視するのはばつが悪いので避けていました。
でも、ここでじっくりステロイドと向き合おうと思います。

 

 

 

ステロイドはあくまでアトピーのかゆみどめの薬

ステロイドとはアトピーのかゆみを抑える薬です。
根本的に、ここをわかっていない人が多いです。
自分もそうだったんです。

 

ステロイドはアトピーのかゆみを抑える薬であって、アトピーを治すのは自分自身の体です。
ステロイドを塗ればアトピーが治るわけではないんです。

 

 

医者はステロイドの正しい使い方を教えるのはもちろん、アトピーを治すのは自分の体自身であることをアトピーの人に教えるべきです。
自分が行った病院の医者は
ステロイドの正しい使い方も、ステロイドとはどういう薬かも教えなかった
わけで、今思い出してもイライラしてきます。

 

いや、医者は他人です。
金を払っているから、診てくれているだけであるわけで、当時の自分は考えが甘ちゃんでした。

 

 

自分もステロイドをはじめて使ったときは、かゆみがおさまったので
「こりゃすごい」
と気分よくステロイドを使用していました。

 

でも、よくあることですが、ステロイドは使っているうちに効かなくなってきて、アトピーのかゆみに悩むようになります。

 

 

ステロイドを使い始めたときは、アトピーのかゆみが簡単にひいてびっくりしたね。


 

ステロイドが効かなくなって、多くの人は

  • アトピーが治らなかったこと
  • 今現在アトピーのかゆみで困っていること

これらを長年使っていたステロイドに責任をなすりつけ、ステロイドをいろいろ悪くいうようになります。

 

そりゃそうですよ。
長年付き合っていたステロイドという薬ではアトピーは治らなかったわけですから。

 

ステロイドを使っていた人は
「いつかはアトピーが治るだろう」
と思ってステロイドを塗っていた人もいたでしょう。
ステロイドの正しい知識がなかったわけですから。

 

ステロイドを塗っている時にアトピーを治す努力をしなかったのが悪い

そんなステロイドなんですが…。

 

そのステロイドが効いて、アトピーのかゆみに悩まなかった期間にアトピーを治す努力をしなかった自分が悪かったんじゃないか?

 

というのを思ったりします。

 

 

ステロイドを使ってアトピーのかゆみが抑えられたのは確かだったわけで、そのときに自分がアトピーを治す努力をすることが重要だったんじゃないかと思うんだよね。


 

ステロイドは塗ればアトピーが治るという薬ではないです。
あくまでもかゆみどめです。

 

だから多くの人は
「ステロイドではアトピーは治らない。自分でアトピーを治すようにすべきだ」
といい、いろいろなアトピーにいい製品や対策を語ります。

 

でも、それらの多くはステロイドを使用しているときもできることです。
ステロイドを使ってアトピーのかゆみを抑え、その間にアトピーを治すように努力することだってできます。

 

最近流行している「油の摂取を抑える」というアトピー対策も、ステロイドを使っていても、使っていなくても、どちらにしてもできる対策ですよね。

 

 

ステロイドを使う使わないということと、アトピーを治す努力をすることは別

 

なわけです。
だから、結局ステロイドを使ってもアトピーが治らなかった人は

 

ステロイドを使っているときに、アトピーを治そうと努力をしなかっただけ

 

なのではないでしょうか?
これを直視することはつらいです。
なぜなら、アトピーが治らなかったのは自分の努力不足だということになるのですから。

 

だから多くの人は
「ステロイドではアトピーは治らない!」
といい、ステロイドの責任にして、自分の非をみないようにしているように感じます。
そして、アトピーを治す努力をして、アトピーを治した自分を褒めている。

 

 

もちろん、ステロイドを認める必要なんてないです。
「ステロイドではアトピーは治らない!」
そういい続けてもなにも問題はないです。

 

実際ステロイドを塗るだけでは、アトピーは治らなかったわけですから!

 

でも
「ステロイドではアトピーが治らない!」
と言い続けるのは、ちょっと幼すぎないか?

 

大人になったのなら、ステロイドの有効性を認め、自分のアトピーを治す努力をしなかったことを認めてもいいと思うんです。
そういう強さが人生をもっと濃くしてくれるように自分は思います。

 

今後自分も「ステロイドではアトピーが治らない」ということもあるでしょう。
それはステロイドを絶賛している人や、ステロイドというものをアトピーが治る薬だと勘違いをしている人がいることに違和感を感じるからです。

 

ステロイドを認めることは、ステロイドを勘違いして使う人が増えることにつながります。
まさにそれが情報が少ないときに医者が処方したステロイド(薬)の信頼からの勘違いだと思います。
「医者(病院)が出してくれた薬だから、いつかは効いてアトピーが治るだろう」
と思ったところが悪かったわけです。

 

 

そりゃ病院(医者)がだしてくれた薬。
それを使っていればアトピーが治ると思うほうが普通だよね。

 

ステロイドが批判されるのは、昔の情報不足が悪かったのかもしれないね。


 

「ステロイドではアトピーが治らない」
というのは、今考えるとその発言自体がおかしいですよね。

 

ステロイドはアトピーを治す薬ではありません、アトピーのかゆみどめなんですから。
正しくいうのなら
「ステロイドが効いているうちにアトピーを治すようにする」
というのが大事なんです。

 

 

例を出すと風邪をひいて風邪薬を飲んでも風邪は治りません。
じゃあ、風邪薬とはなんなのかというと
「熱を下げる効果があるもの」
ですよね。

 

熱を下げているうちに、人間の自然治癒力でウイルスをどうにかして、風邪をどうにかするのが大事なわけです。
風邪をひいていると、眠るのもつらいですから。
風邪薬を飲んで、症状が安定しているうちに眠って風邪を治すのが大事なわけです。

 

ステロイドは風邪薬の熱を下げる効果に該当します。
ステロイドが効いているうちに、アトピーを治す努力をする必要があったわけです。

 

 

 

アトピーが治らないのは自分自身に責任があった

でも、やっぱりステロイドに責任があるわけではなく、自分自身ほうに責任があったと思います。
薬でアトピーが治ると、長年アトピーが治らないのに、そう思い続けた点がおかしいです。
2,3年ステロイドを使っても、アトピーが治らなかったのなら、怪しめよ!!(過去の自分に言ってます。)

 

だから、アトピーというのはステロイドを使おうと、ステロイドを使わなかろうと、自分自身の力で治すものなんですよ。

 

アトピーのかゆみで困っているのなら、ステロイドを使えばいいと思います。
アトピー箇所をかきむしっていては、いつまでたってもアトピーは治りませんから。

 

アトピーのかゆみがおさまっている間に、アトピーが治るように自分自身の体の状態をよくすればいいんです。
それをしないのなら、アトピーは治らないというわけですね。

 

それを教えなかった病院が悪い!
なんちゃって。

 

 

いや、でも本当にアトピー患者のことを思っている医者ならば、ステロイドの正しい使い方はもちろん、ステロイドとはどういうものなのかを教えるはずです。

 

そんな医者いるわけないじゃん。
だって、医者は仕事でやっているだけだもん。
だから病院に行ってもアトピーが治らない人が沢山いるわけですね。

 

医者が診察で
「また1ヶ月ぐらいしたらまた来てね」
というから、1ヶ月ぐらい経過して病院に行って、医者と対面して言われたセリフが
「今日はどうしたの?」
ですからね。

 

おまえが1ヶ月ぐらいしたら来いって言ったんだろうが!!

 

 

アトピーの人は考えが甘いところがあるのでしょう。
病院の医者と自分は赤の他人です。

 

医者からしたら、自分がアトピーでもなにも困ったことはありませんから。
自分の体のことは自分で考えないといけないんですよ。

 

 

「医者や薬がアトピーを治してくれる」
という考えは、今思うと考えがお花畑ですね。

 

マイザーをステロイドではないと思っていた無知な自分

ちなみに自分、ステロイドを使わなくなって、時間がある程度経過したときに、机の引き出しから1つこのマイザーというステロイドがでてきたんですよ。

 

 

で、そのときまで

 

自分が使っていたものはステロイドではなくてマイザーという薬

 

だと思っていました。

 

 

自分はステロイドを使ったことがなく、マイザーという薬を使ってきたと思っていたんです。
だから、それまでステロイドの悪評を聞いて
「ステロイドって、いろいろ言われているけど、そんなに悪いものなのかぁ。
副作用も怖いし、もらったとしても使わないようにしよう」
と思っていたのですが、とっくの前に使っていたわけです。

 

 

自分が長年使ってきたマイザーという薬がステロイドだったというのを知ったときは、血の気が引きましたね。

 

しかも結構強いタイプのステロイドだと知り、さらにショックを受けました。


 

だって、マイザーってかいてあって、ステロイドとは書いていないですから!
そのぐらいネットが普及していないというのは情報不足な世の中でした。

 

 

で、マイザーがステロイドだと知って、そこから胸を張って
「ステロイドではアトピーが治らない!」
というようになりましたね。

 

実際自分のような人は、少なからずいると思うんですけど。
病院からもらった薬という点だけで利用していて、薬にはステロイドと書いていないから、ステロイドではないと思っている人って。