顔アトピーにアレルケア

顔アトピーにアレルケア

カルピス社から販売されているアレルケア。
これのL92乳酸菌がアトピーにいいとされています。

 

 

【アレルケア検索】
アレルケア

 

実際、顔アトピーではない、おしりとか足とかのときは
「アレルケアでもいいんじゃないの?」
なんて思っていたんですけど。

 

顔アトピーになってみて
「まったく意味がないな」
って思いました。

 

 

それはたしかに顔アトピーも、体の中から整えるのが大事なんですけど。
それどころじゃないので…。

 

ぶっちゃけ、アレルケアのようなものを続けても、続けなくても、大佐ないと思います。
むしろ顔アトピーのときは、あまり食事をとらないほうがマシなんじゃないかとも思うので…。

 

 

アレルケアで顔アトピーをどうにかするっていうのは、ほぼ無意味というか。
顔アトピーよりもっとずっと先の健康的なもの…。
そのことをしているにすぎないように感じます。

 

 

まぁ顔アトピーも、長期でどうにかしようと思っているのなら、アレルケアを続けるのもいいと思うんですけど。
顔アトピーってそれどころではないので…。

 

もっと早くどうにかしたいと思うもので。
そうなってくると、アレルケアを
「3か月続けよう!」
とか言っている場合ではない気がします。

 

 

アレルケアを買うより、そのお金で普段の食事を見直すというか。
食事の量を減らすというか、良質の食べ物に変えたほうがいいと思いました。

 

 

 

 

 

乳酸菌は短期ではまったく意味がない

自分は前から思っていましたけど、乳酸菌って短期ではまったく意味がない気がします。

 

たしかに、長期的になると
「続けていてよかったな」
と思いますけど。
短期的には、ほとんど変わりないんです。

 

 

たしかに、食べて悪いものでもないので。
続けることもいいんですけど。

 

顔アトピーの人には、もっとやるべきことがあると思います。

 

 

ガーゼとか買ったほうがよくね?
睡眠薬とか購入して、ぐっすり眠れるようにしたほうがいいような気がしないでもない。
いや、眠れない人にとってはですけど。

 

でも自分は顔アトピーになって困ったのは、顔がかゆかったりヒリヒリしたり違和感で夜眠れなかったことなので。
それに対してアレルケアが役に立ったのかというと、まったく意味がなかったように感じました

 

 

結局アトピーなんて、眠れないとどうにもならないというか。
アレルケアだって、L92乳酸菌がアトピーにいいっていうのは、少なくとも夜眠れることが最低限だと思います。

 

「夜眠れなくても、アレルケアを飲めばいいですよ」
ってことはないと思うんです。

 

 

そういう点で、顔アトピーにアレルケアっていうのは
「もっと先にやるべきことがあるのでは?」
なんて思いましたね。

 

食べ物の質を考えて。
夜眠れるようになれば、顔アトピーの治りも早いでしょ。

 

でも、それにアレルケアが貢献できるかというと。
アレルケアもたしかに食べ物ですけど、アレルケアだけで生きていけることはできないと思うので。
食事をとらないといけない点で、アレルケアは別に飲まなくていい気がします。

 

 

あ、でも顔アトピーのときは、食べ物もいろいろ迷ったので。
ヨーグルトは食べていましたよ。

 

体に害が少なそうな食べ物って少ないわけで。
ヨーグルトは選択肢に入ってくると思います。

 

 

顔アトピーだと、塩分が染みるというか。
塩分でヒリヒリするような。
永谷園のお茶漬けの元とか使ったら、しょっぱかったのか唇がヒリヒリしましたね。

 

塩分入りの飲み物がやばいのかな。
体への吸収が激しそうだからな。

 

 

 

 

 

顔アトピーは別物

自分が顔アトピーになって思ったのは
「別の個所のアトピーとはまったく違うな」
ってことでした。

 

 

おしりとか足とかなら、露出しなければ、ほかの人にはわかりませんから。
普通の生活ができるので、急いでアトピーをどうにかしようと思わなくてもいいわけです。

 

だから
「アレルケアで気長にどうにかしよう」
とかもいいと思います。

 

 

でも顔アトピーは話が別です。
顔アトピーは、顔という露出しているものなので、さっさとどうにかしないと私生活に影響がでます。

 

そして、アトピーっていうのは、たしかに時間がかかるものなんですけど。
うまくいけば短期でよくなったりもするので…。
他人から焦らせられる気がします。

 

 

顔がひどいと、他人がしったかなアトピー対策とか、ばんばん紹介されてうざいんですよね。
病院とか行っていないと
「病院行けよ」
とか、ほぼ確実に言われますし。

 

 

病院に行っても、アトピーが確実に治るわけでもなく。
だから、多くの人は困っているんですけど。

 

病院に行って、簡単によくなるケースがあるのもアトピーなんですよね。

 

 

ただ、アレルケアっていうのは、体の中から整えるということで…。
これは長期的なアトピー対策であって、そしてそのやり方は間違っていないと思います。

 

ただ、顔アトピーという露出している箇所のアトピーにとっては。
アレルケアという乳酸菌での対策は相性が悪いというか
「こんなことやっている場合じゃない」
って感じになるかと思います。

 

 

顔アトピーは、焦って良くしようとしても、なかなかよくならないかもしれません。
でも顔アトピーは、他人がゴミすぎるのでどうしてもせかされるわけですね。

 

実際自分自身も
「早くどうにかしたい」
と思ったりするので。

 

 

顔アトピーにアレルケアっていうのは
「こんなことしている場合じゃないな」
って感じになって終わると思います。

 

乳酸菌は3か月は続けるなんて言われていますけど。
3か月も顔アトピーを続けるっていうと、気が遠くになります。

 

 

他人は、アトピーを1週間ぐらいで治るものだと思っているので。
そういう点で、アレルケアとか飲んでいたら、その間に他人から、いろいろ言われて気が滅入りそうです。

 

 

自分が顔アトピーで一番困ったのは、外出しにくいことより
【夜、顔が気になって眠れない(眠りが浅い)】
ことでした。

 

 

たしかにそれは、元を言えば

  • かゆみ
  • 皮膚状態が悪い

ってことでもあるんですけど。
他のアトピー箇所なら、結構眠れたりしたんですよね。
顔アトピーよりは、眠りやすかったりしました。

 

 

でも、顔アトピーはどうしても眠りが浅くなるので…。
ここをどうにかしないと、よくならない気がします。

 

そりゃそうですよね。
眠らないでアトピーをよくするなんて不可能ですから。

 

 

だから、まずは顔アトピーでやるべきことは
【夜、ぐっすり眠れるようにすること】
だと思います。

 

アレルケアはそのためには、そんなに必要がないというか。
アレルケアは長期的な対策だと思うので、顔アトピー的にはあまり優先順位は高くないと思いました。