アトピーと善玉菌と悪玉菌

アトピーと善玉菌と悪玉菌の関係

アレルケアといった乳酸菌サプリメントがなぜアトピーにいいのかというと
乳酸菌が腸まで届いて善玉菌を増やしてくれるからなんです。

 

 

これは乳酸菌が生きて腸までとどいたほうが、効果は高いといわれています。
なのでアレルケアなどに含まれているL-92乳酸菌は他の乳酸菌より強いので
生きて腸まで届く可能性が高いので、人気といえるわけですね。
もちろん、死菌となった乳酸菌でも、善玉菌を増やすといわれています。

 

この善玉菌が増えると、体の調子が整ってアトピーのかゆみなどが軽減するといわれているのですが
善玉菌があるのなら、悪玉菌というものもあるわけです。
この悪玉菌は砂糖などで増えるといわれています。
悪玉菌が増えると体がかゆくなってアトピーが悪化するなんていわれています。
アトピーの人がお菓子などを食べないようにするのは、そういった砂糖をとって
悪玉菌を増やさないようにしているといえるのかもしれません。

 

よくヨーグルトがアトピーに良いのか悪いのか意見が分かれるのは
ヨーグルトを食べたらたしかに乳酸菌を摂取することができ
善玉菌をふやせれるといえるのですが
ヨーグルトには砂糖関係の悪玉菌を増やすものを摂取してしまうことが多いので
ヨーグルトがアトピーに効果があるとか、ヨーグルトは食べないほうがいいとかいわれているわけです。

 

 

乳酸菌がアトピーに効果があるのではなくて
乳酸菌が善玉菌を増やしてくれることにより、体が健康になりアトピーがよくなる可能性がある。
これは一種の体の健康状態を向上させるということであり
他にも体の健康を整える方法はいろいろあると思いますので
そちらにこだわってもいいと思います。

 

こういった善玉菌とか悪玉菌といった情報をえてしまうと
そればかりにこだわってしまう人がいるので危険だと思います。

 

善玉菌と悪玉菌なんていうものは、たしかに重要かもしれませんが
そこまでこだわる必要はないと思います。
善玉菌を増やすために、乳酸菌が含まれているものばかり食べようとか
悪玉菌を増やさないために、砂糖が含まれているものは絶対食べないぞとか
極端になりがちの人がいますけど、そこまでする必要はなく
もしヨーグルトを食べるのなら、そのときに砂糖は少なめに入れるとか
そのぐらいの感じでいいと思います。

 

でも、なぜ乳酸菌摂取でアトピーがよくなるのか、そのしくみを覚えていると
何気なく意識できるようになるんですよね。
スーパーとかいっても、自然とヨーグルトに手が伸びたりするものですから
いろいろと調べてみるというのも大事なことなのかもしれません。