楽しくアトピー対策

楽しくアトピー対策をすることは不可能か?健康への欲求

アトピーというものは若い人にあらわれやすい症状です。

 

そして、若い人は不規則な生活をしたがります。
外見にこだわりのある人も多いと思います。

 

おしゃれしたいというか、流行に乗りたいところがあります。

 

 

若いときは、不規則な生活をすることが格好いいと思う人がいるよね。

 

不良がモテるのと似ているのかも?


 

アトピーになると、そのアトピー対策がとてもつらいという意識を持ちがちです。
アトピーを治す基本は健康にいいことの積み重ねですから。

 

現にアトピー対策をおこなうというのはつらいのかもしれません。
少なくとも○○対策と聞くと、重苦しい感じがありますよね。

 

 

楽しくアトピー対策なんてできるはずがないと思っている人もいると思います。
でも本当にそうなのか?

 

 

アトピーはつらいです。
あのかゆみを我慢するのはつらいです。

 

でもアトピー対策がつらいのかと考えると、ちょっと違うと思うんです。

 

 

 

 

健康に過ごすことはつらいことなのか?

アトピーというものは明確な治し方というものはありません。

 

だから、なにをすれば治るのか、それについてはわかりません。
ですが、健康にいい生活をおくるのは重要だと思います。

 

アトピーを治す方法は、健康にいいことの積み重ねだと自分は思っています。

 

 

そこで健康についてなんですよね。
若い人は健康にいい生活をおくるというのが、とてもつらいことだと思っているわけです。

 

でも歳をとるごとに、体は弱っていきますから、年齢が上になってくると健康にいい生活にこだわる人も増えてきます。
健康向けの製品が売れたりしますよね。

 

例をあげると、青汁なんて若い人には価値がわからないと思います。
でも、それなりに売れているように購入する人がいるわけです。

 

 

若い頃は肉を沢山食べて、野菜は少ししか食べない人も多いと思います。
自分もそうでした。

 

毎日肉系のものばかり食べて、野菜はほとんど食べませんでしたね。

 

 

でも、今は健康にいいことをするのが楽しいです。
それは別にアトピー対策のためではありません。

 

体を健康にするということ自体が楽しいから

 

なんです。

 

アトピー対策が楽しくできないと思っているのは
体を健康にしようと思っているのではなく、アトピーのためにいやいややらされている
と思っているからなのかもしれません。

 

 

 

 

人間健康にいいことをするのは楽しい(うれしい)はず

健康にいいことをすると気持ちよくなるのは共通していますよね。
少なくとも、健康に悪いより、健康に良いほうが多くの人が望むはずです。

 

 

スポーツなんかをすると疲れますが、楽しいと思いませんか?
それと同じことだと思います。

 

 

健康にいいことをするのはつらいことなの?
健康にいいことをするのは、自分自身に自信をつけ充実感を得ることができる!


 

マラソンなんて聞くと、大変なだけでそれほどおもしろいように感じない人も多いかもしれません。
特に若い人になると、走っているだけで何が楽しいのか疑問に思います。

 

自分も小学校の頃マラソン大会がありましたけど。
疲れるので好きではなかったです。

 

 

でも、テレビで放送されているマラソン大会をみてください。
沢山の人が出場していますよね。

 

自分も今では夜にジョギングをしています。
たしかにジョギングをすると疲れますが、ジョギングを休むことのほうがどこか残念に感じます。

 

 

 

 

 

 

食事制限がつらいより、健康に良いものを探す楽しみを見つける

アトピー対策が楽しくできないというのは、固定観念にすぎないのかもしれません。
アトピー対策は制限がきびしい、大変だとみんながいっているから大変なように思える。

 

でもアトピー対策で制限された食事だっておいしいです。
自分はアトピーで宣言したものは油っぽいものでした。

 

でも、いまは油っぽいものってそんなにおいしくないような気がする。
むしろ、あっさりしているものの方がおいしい気がする・・・
見たいなことを思っています。

 

 

おいしいものも、周りの評判に踊らされているように思うんだよね。

 

たとえば、野菜はアニメなんかでは子供のキャラクターはよく嫌っているよね。
子供の頃アニメキャラが野菜が嫌いなのをみて、「おいしくない」と思ってしまい、そのまま食わず嫌いになってしまっているように思うよ。


 

いや、たまに油っぽいものも食べますけどね。
でも自分はお肉でも油で揚げたカツのようなものより焼いた豚丼とかのほうが好きですね^^;

 

油っぽいものを食べなくなって、油っぽいものってそんなにおいしく感じなくなっています。
だから、カツ丼(とんかつ)禁止といわれても、別になんとも思いません。
それなら、豚丼を食べようと思います。

 

 

どっちも肉だからあまり良くないと思う人もいるかもしれません。
そういう人は肉が駄目なら、肉以外でおいしいものを見つければいいと思います。

 

野菜の中にもおいしいものってありますよね。
さつまいもとか。
甘くておいしいです。

 

 

かぼちゃとかも、ほくほくしておいしいですよね。

 

むしろさつまいもやかぼちゃが嫌いな人のほうが少ないのでは?

 

 

アトピーの人は食事制限をしなくてはいけない。
そう聞くと、どこか窮屈に感じてしまいます。

 

でも逆に考えて、体に良く、おいしいものを見つければいいんです。

 

 

ますよねさんのひじきふりかけとか自分は好んで食べています。
おいしいですし、ひじきは体にもいいです。

 

もちろん、どんなものも毎日食べていると飽きますけどね^^;

 

 

 

 

 

 

 

アトピーはつらいがアトピー対策がつらいとは限らない

たしかにアトピーはつらいです。
かゆくて困ることも多いと思います。

 

でも、アトピー対策もつらいものなのかどうかは自分しだいです。
アトピーで健康に目覚めるような人もいると思います。

 

 

アトピーで健康にいいことをするようになって、ガンになる未来を変えれたかもしれないと思うと、アトピーに感謝だよね!


 

自分もアトピーになって、健康の重要性に気づいた1人です。
アトピーにならなかったら、いまだに健康に悪い生活や食事を続けていたと思いますね。

 

 

アトピーを良くなる方法とは、体を健康にするということが楽しいと思えるかどうかなんだと思います。
どうしても、若いうちは健康なんてなにもしなくてもついてくるものだと思っているので…。
むしろ不規則な生活のほうが魅力に思っていたりするものです。

 

睡眠不足を自慢する人もいますよね。

 

 

でも人間健康への意識を高めて、その生活を続けていれば、いつのまにかアトピーは治っているものなのかもしれませんね。

 

 

少なくとも嫌々やるよりは、楽しくやったほうがいいと思います。
別に同情がほしくて、アトピー対策をつらそうにやっているわけでもないでしょ?

 

 

「アトピー対策はつらい」
そう言う人は多いです。

 

でもそれに流されず、もっとアトピー対策を楽しくやってほしいです。
健康にいいものを探して食べるって、悪いことではないと思います。

 

むしろ体に悪いものをずっと食べ続けることのほうが飽きると思いますけど。
毎日ハンバーガーとかフライドチキンを食べるのはさすがに飽きるでしょ。

 

むしろそんな生活は、人生を損していると思いますよ。
もっといろいろな食べ物があるんですから。

アトピー対策というものは、むしろなにもしなくていいわけで

アトピー対策は楽しくないというよりは

 

制限されるのがつらい

 

と言ったものだと思います。

 

 

食事なんかでも、油っぽいものは控えるって感じですね。

 

実際アトピー対策が楽しいのかどうかなんていうのは
むしろアトピー対策というのは、なにもしないものだったりします。

 

だから楽しいかどうかはわかりませんが

 

楽なもの

 

だと思います。
風邪を引いている人が、横になって寝ていることが大変かといったら
それは安静にしているわけで、たしかに体調が悪くてつらいでしょうが
風邪を引いているのなら、安静にするしかないわけで
安静にすること自体は、大変なことではないでしょう。

 

アトピーもそういうところがあって
むしろなにも行動をしないのがアトピー対策になりえるわけです。
アトピー箇所をかきむしらないだけでも、アトピーは良くなる可能性は高まるでしょう。

 

でも、どうしても人間

 

じっとしているのが苦痛

 

な人もいるわけで、アトピーのための行動がつらいという人は
このじっとしているのが苦痛な人なんでしょうね。
アトピーを悪化させる行動というのは数多くありますが
アトピーを良くする行動というのは、少ない気がします。

 

案外アトピーをよくしたいのなら、無気力になるといいのかもしれません。
いや、無気力というのは変な言い方ですが
焦っているのなら、落ち着いてみてください。
どうしても人間、なにもしていない時間があると
時間を無駄にしていると思い、もったいなく感じてしまう意識ってありますよね。