アトピーのかゆみ 睡眠不足

体のかゆみは疲れている時にでやすい!休息が大事

アトピーが治って、ほとんどかゆみがでないんですがたまに体が痒くなるんです。

 

かゆくなるときはきまって体が疲れている時だったりします。

 

 

睡眠時間が少ないときに、無理していろいろすると高い確率でかゆみが発生します。
かゆみが発生しなくても、なにもしなくてもアトピーが悪化しているときもあります。

 

 

人間なかなか眠くならないので
「大丈夫、大丈夫」
と思っていると、アトピーの人はアウトです。

 

本人の意識は大丈夫だと思っていても、体はアウトなんです。
そんなものです。

 

 

そもそもアトピーという症状は、体の中の異状によっておこるアレルギーです。
疲れや、睡眠不足だと体の中の異状が強まって、アトピーの症状が強くでるのは当然のことです。

 

 

 

アトピーではなくても夜更かししていると体がかゆくなる

 

自分はアトピーなんですが、甥っ子はアトピーではないんです。
そんな甥っ子が泊まりに来ていたので、夜遅くまで一緒にTVゲームをしていたんです。

 

 

甥っ子はいつも家では夜9時には寝ているそうです。
でもその日は、もう夜12時近くになっていました。

 

すると甥っ子が、体をポリポリ掻いているんです。
びっくりしました。

 

アトピーでもない甥っ子が、なぜか体を掻いているんです。
体を掻いていると、アトピーの人ならわかると思いますが、掻き癖がついてしまいアトピーになってしまう可能性があります。

 

 

だから自分は
「掻いたらダメ」
と言って、掻くのをやめさせようとしました。

 

でも甥っ子は
「なんか体がかゆい」
と言って、かゆそうにしていました。

 

 

アトピーの人に限らず、普通の人でも夜更かしをしているとかゆくなるものです。
そもそもアトピーになった原因の根本的なところは、体をかきむしってしまったから皮膚が悪化してのアトピーだと思います。

 

アトピーの人に限らず、一般の人でもしっかりと睡眠時間をとらないとアトピーは治らない&アトピーになってしまうのかもしれません。

 

 

アトピーは悪い症状なのではなく
「早く休め!」
と、かゆみでサインをだしているのかもしれません。

 

人間ある程度は無理はできますけど。
疲れたら休む。
眠いのなら、眠る。
体に正直に生きたほうが健康的なのかもしれません。

 

これは「だらだらするのがいい」というわけではなく。
休む努力が必要なんですよ。

 

 

 

 

 

アトピーの鍵を握るのは睡眠

 

やっぱりアトピーを治すのに鍵を握っているのは睡眠です。
そして、アトピーになってしまう原因も睡眠時間の影響だと自分は思っています。

 

自分が高校生の頃アトピーが再発したんですが、そのときは夏休みで夜遅くまで起きていました。
それがダメだったと思っています。

 

まぁ食事内容も悪かったので、そういうのが積もり積もってアトピーになったのかと。

 

 

睡眠不足はアトピーに悪い。
でも考え方を変えてみてください。

 

しっかりと睡眠時間をとればアトピーを治せるチャンスが広がる

 

わけでもあるんです。

 

寝るだけなんて、タダです。
0円です。
必要なのは時間です。

 

 

睡眠はお金は必要としません。
大事なのは本人の心がけなんです!

 

 

眠ると聞くと
「さぼっている」
「怠けている」
「がんばっていない」
と感じる人もいるかもしれません。

 

でも睡眠時間は絶対に必要です。
睡眠時間を確保できる人間になってください。

 

睡眠時間を削るのは愚なことなんだと思います。
高校生のときの自分はそれがわかっていませんでした。

 

「眠るのは時間がもったいない」
とか思っていましたからね。
ダメだこりゃ。

 

 

夜早く寝て、朝早く起きるのが理想です。
でも、朝に趣味のことをやると、その後の生活にパワーがでないのでおすすめしないです。

 

学校や仕事が朝からあるのは、起きたとき体が休まっていて効率がいいからだと思います。
自分は夜型な体質なので
「学校昼からやってくれれば、もっとゆっくりできるのに」
と思っていましたけど。

 

一時期夜に仕事をしていて
「夜、ダメだわ」
と思いました。
体がふわふわして、イマイチ緊張感が持てず変な感じでした。

 

 

 

かゆみがでやすいときは決まっている

アトピーのときは、なにもしなくてもかゆみがでていました。
なのでアトピーのかゆみは突然でてくるものだと思っていました。

 

 

でもアトピーがある程度治ってくると、普段かゆみがでません。
でも、アトピー状態がよくなっても、とある時間帯にかゆみを感じることがありました。

 

かゆみが出た時に、なぜかゆみがでたのか考えてみると
体のかゆみがでるときってある程度決まっている
んですよね。
そんなときは決まって、疲れているときでした。

 

疲れた体がほっとしたときに、ついついかきむしってしまいます。

 

 

じゃあ、体の痒みを発生させない為にはどうすればいいのか

  • 疲れることをしない
  • 睡眠時間をしっかりとる
  • 疲れたとおもったのなら休む
  • 無理はしない

こういったことを心がければアトピーのかゆみ対策にずいぶん役にたつかと思います。

 

 

健康に気を使うと聞くと、運動や食事内容に気を使うことばかりあげられたりします。
でも休むことも大事なことですよ。

 

ただ疲れないなんてことは無理なんですよ。
人間外出しますから。

 

学校や仕事をしていれば、どうしても疲れてしまいます。
まさか学校や仕事中に
「仮眠します」
なんてできませんよね。

 

まぁ保健室にいりびたる不良や。
デスクのところでうとうとする給料泥棒もいそうですけど。

 

 

 

 

 

疲れることはしょうがない!休息をきちんととるのが重要

疲れないというのは、無理があります。
人間生きているだけで疲れます。

 

人間疲れるで、人生充実感を得ることができますからね…。
アトピーでも人生一生懸命生きたいですよ!

 

 

なら疲れないことを心がけるのではなく、しっかり休むことを心がけましょう。

 

睡眠時間をしっかりとるということと、疲れたとおもったら休むこと。
休息をしっかりとるというのは意識しておいたほうがいいと思います。

 

 

アトピーがある程度治って、普段かゆみが出ていない状態でも睡眠不足のときは、体を酷使するとかゆくなってきます。

 

夜更かししていると、なぜか体がかゆくなります。
眠くなったら眠るのではなく、少し余力があるうちに眠るようにするのが理想です。

 

 

大人になると、どうしても早寝ができなくなります。
早く寝るのがもったいなく思うんですよね。

 

でも、深夜にやっているテレビとかくだらないものばかりなので…。
いまだとネットや、読書がはかどるって感じかなぁ。

 

 

 

アトピーがかゆくなったら、もう休息どころではない

こまめに休息をとれば、かゆみはでにくいです。

 

でも、かゆみがでてしまったのなら、もう休息しても手遅れです。
かゆみを忘れるために、どうにかする必要があります。

 

かゆみがでて体を休めても、かゆみが気になってむしろ危険だと思います。

 

 

自分はTVゲームをすると、そっちに集中するので、気がつけばかゆみを忘れています。
TVゲームを少しやって、かゆみを感じなくなったらすぐにゲームはやめます。

 

 

かゆくなってきたら、イライラして休むどころではありません。
すでにかゆみがでているときに、そのかゆみを忘れる方法もないと厳しいです。

 

アトピーがかゆかったら睡眠とか体を休めるとか、そんなことも不可能ですから。

 

 

アトピーのときでも、アトピーがある程度治った時でも
体のかゆみは発生した時点で負け
だと思ったほうがいいかと。

 

 

アトピーが治った状態でもかゆくなるんです。
もしアトピーのときに体を酷使した状態で無理をしたら怖いです。
ものすごいかゆみがでます。

 

 

アトピーの人は
「眠くなったら寝よう」
というのは、後手に回っています。

 

アトピーの人なら
「まだ眠くないけど、念のために寝ておこう」
ぐらいではないと、かゆみがでたら手遅れになります。

 

 

かゆみがでたときにどうするか、かゆみを忘れることができる集中できるものを見つけておきたいところです。
ゲームいいですよ。
テトリスみたいなパズルゲームを1つ用意しておくと、気がまぎれるかも。

 

 

 

 

 

人間休むことが難しい

アトピーを治すのに大事なことは

 

どれだけ休む決断ができるか

 

だと思っています。

 

 

「怠けろ」と言っているのではありません。
いろいろ遊びたい気持ちを抑えて、体を休めたりする。

 

足を前にだすのを、引っ込める勇気というかな。
それって、すごく難しいことです。

 

でも自分の欲を抑えて、休むことができたのならアトピーは良くなりやすいです。
実際自分がそうでしたから。

 

 

アトピーのために休むというのは、自分の趣味を1つ削ることと考えればいいです。
そんな人生になると
「なんのために生きているのかわからない」
と感じる人もいると思います。
自分もそうでした。

 

 

大人になればなるほど、自分のやりたいことができます。
でも時間が足りないから、睡眠時間をけずって好きなことをする人が多くなります。

 

 

アトピーがある程度治ったら、再びその趣味を楽しめばいいんです。
アトピーがある程度よくなるまでは、自分の趣味を1つ封印しましょう。

 

たとえば自分はスマホゲーのパズドラを前はバリバリやっていました。
1日に何回も起動していました。

 

でも最近は1日に1、2回起動して終わりです。
これだけでも、ずいぶんと疲れなくなりました。

 

 

遊びのほうが夢中になって、疲れるという人は多いと思いますね。
人間好きなことには、睡眠時間をつぶしたりしますから。

 

そして好きなことになると一度はじめると、長時間やってしまうものなんですよね。
好きなことになると、人間すごい集中しますし。

 

 

休むことが難しいと聞くと、変に思う人がいるかもしれません。

 

でも子供の頃、経験ある人も多いと思うんです。
暇を嫌う人っていましたよね。
自分もそうでしたけど。

 

 

自分も子供の頃は家で
「ひまだー、ひまだー」
と言っていましたよ。
大人になって、そんな「暇だー」なんていうことはまったくなくなりましたけど。

 

子供の頃は、コロコロコミックをなんどもなんども読み返すほど暇でしたね。

 

 

まぁお金がないが、時間はあるのが子供ですからね。
子供の頃は
「お金があれば、世の中のゲームたくさん買ってやる!」
と思っていましたけど。

 

今では
「ゲームとか、やる価値のあるゲームなんて一部だわ」
と思います。

 

ゲームも結局人の手で作られたものなので…。
心を震わすようなものがないゲームも沢山あります。

 

 

 

アトピーの人は全力を出すために休め!

スポーツ選手は、試合のときにベストの体調を作るために、前の日は軽く練習するぐらいで、ゆっくり体を休ませるのが普通です。
前の日にばりばり練習するのなんて、スポ根アニメや漫画ぐらいです。

 

で、前の日にバリバリ練習して必殺技なんかをあみだした主人公が勝ったりしますけど。
そういうのは実際にはおかしいんですよ。

 

 

その日に備えて、前の日にゆっくり休んだほうが有利で当然なんです。
前の日にバリバリ練習して必殺技をあみだしたほうが強いのなら、相手側もバリバリ練習して必殺技を生み出せばいいだけですからね。

 

でも主人公の対戦相手って、そこまで必死に練習したりしないですよね。
まぁそれが当然なんですけど。

 

もしプロ選手が大事な試合の前の日に、ものすごい過酷な練習をしていたらやばいですよね。
そもそも前の日だけ練習をして、いい成績を出せるほど楽な世界でもないわけで…。

 

 

アトピーも毎日を一生懸命過ごすために、ちゃんと休まないといけないんです。
アトピーを治すために休む必要があるわけです。

 

たまにアトピーを治すために
「アトピーを治すためにどうすればいいんですか!?」
とアトピーを治す方法を探そうと一生懸命になっている人がいます。

 

 

そういう人は、アトピーを治す方法を探すのをやめて、休めばいいんですよ。
気合いを入れて、アトピーが治るのなら苦労はないです。

 

風邪をひいたら、休むのが一番ですよね。
風邪をひいて、気合いで治そうとしても無理です。
むしろ風邪をひいて、いろいろ行動したら風邪はより悪くなります。

 

 

アトピーでもいろいろ行動する人は、アトピーを舐めているのかもしれません。
たしかにアトピーはかゆみがでなければ、ほぼ普通の人ですからね。
油断してしまうというか、軽視してしまう症状だとは思います。