腸が弱っているからアトピー 腸内環境を整える

アトピーは腸が弱っているから出る!?腸を健康な状態に

アトピーは腸が弱っているとでる症状だと自分は思っています。
アトピーというのは腸が弱っていることを教えてくれているのかもしれません。

 

 

腸が弱る原因は、食べ物やら私生活で悪化しますから。
アトピーになっているというのは
「食べているものが悪いよ」
「無理しすぎているよ」
と教えてくれているのかもしれませんね。

 

 

最近は
「アトピーの人は腸が弱っている!」
「腸内環境を整えればアトピーは治る!」
みたいなことを言っている人は、沢山いますよね。

 

なので、アトピーを治すために腸内環境を整えるというのは常識になった気がします。
アトピーを治すためには、腸内環境を整えることが有力なアトピー対策なわけです。

 

 

最近はL-92乳酸菌がアトピーに有効だと評判ですけど。
これも乳酸菌が腸内環境を整えるところから、期待できる効果だと自分は思っています。

 

 

そりゃそうですよね。
腸が弱っているからアトピーになっているのなら、乳酸菌で腸内環境を整えてあげれば、アトピーがよくなる可能性は高いです。

 

だからL-92乳酸菌に限らず、乳酸菌ならほとんどアトピーがよくなると思いますよ。
なぜ他の乳酸菌がアトピーに効果があるといわれていないのかというと…。

 

「単にメーカーが乳酸菌とアトピーの関係を調べる実験や研究をしていない」
だけかと。
実験や研究にはお金がかかりますから。

 

 

アトピーの症状がでたのに、まだ体に悪い食べ物を食べ続けるといろいろと危険です。

 

自分は潰瘍性大腸炎になりました^^;

 

 

まぁたまたまかもしれませんけど。
アトピーな時点で、腸内環境の乱れを考えるべきでした。

 

アトピーになっても、結構好き勝手食べていたからなぁ。

 

 

 

 

 

腸内環境を整えるのは健康にも良い

たしかにすべての人のアトピーの原因が腸が弱っているというわけではないと思います。

 

腸に優しい食べ物を食べているのに、アトピーの症状がでる人もいると思います。
でも、最近のアトピーの治し方なんかを調べていると、多くの人が

 

食生活を改善してアトピーが治った!

 

なんてことを言っています。
だから腸内環境を整えるアトピー対策というのは、まっさきにやるべきことだと自分は思います。

 

 

そもそも腸内環境を整えることは
【アトピー対策でもなんでもない】
です。

 

人間の健康の点で大事なことです。
それでなくても、最近はテレビで
「腸内環境を整えることでいろいろなメリットがある」
なんてやっていますから。

 

 

むしろ
「腸内環境を整える必要なんてない」
なんて結論になる理由がよくわからないです。

 

アトピーではない人でも、腸内環境を整えようとしている人は沢山います。
それなのにアトピーの人が
「別に腸内環境を整えなくてもいいや」
というのは、アトピーを治す気がないというのと似ている気がします。

 

 

まぁアトピーの人にとっては
「もっと良いアトピー対策がある」
というところがあるのだと思いますけど。

 

健康に良いアトピー対策を避けて、アトピーにだけ良いとされている対策をするというのは、自分的には違和感があります。
たしかに自分にあった保湿液を探して、乾燥を防ぐのも悪くないと思います。

 

 

でも自分的には
【自分の体を健康にする対策】
を、避ける理由はないと思うんですよ。

 

 

アトピーの人はアトピーを治す方法ばかりに気をとられ、健康に良いことを軽視する人がいますけど。
根本的にその考えが間違っているんです。

 

結局アトピーなのは体の中に異常があるからなわけで。
その体の中の異常を正常にするために、腸内環境を整えることは大事なことなんです。

 

いまでは腸を健康にすればいろいろと良い効果が期待できるといわれていますよね。
腸と脳はつながっていて、ストレスにも有効だといわれているぐらいです。

 

 

 

 

 

アトピー対策がみえてこない人は腸を健康にする

というわけで、もしアトピーがなかなか治らなくて、どうすればいいのかわからない人は
【腸を健康な状態にする】
ことを意識してみてください。

 

 

まぁでもそうなると今度は
「腸を健康にするにはどうすればいいの?」
となるんですよね。

 

 

そうやって調べていくと、さらなるアトピー対策が見つかっていくと思います。
逆にアトピーに悪いことも見つかっていきます。

 

「ヨーグルトがアトピーに良い」
とされているのは、ヨーグルトに乳酸菌が配合されているからです。

 

乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

 

 

一方で
「ヨーグルトはアトピーに悪い」
という人もいます。

 

ヨーグルトは乳酸菌を配合しているのに、なぜアトピーに悪いというのか?
それはいろいろな説がありますけど、自分は
「ヨーグルトは冷蔵品で冷たいからおなかを冷やすから」
だと思います。

 

自分は体を冷やすことが、アトピーに悪いことだというのは実感しています。
まぁ自分は毎日ヨーグルトは食べていますけどね。

 

 

ヨーグルトは食べていますけど、基本冷たいものは食べたり飲んだりしなくなりました。
昔は飲み物に氷を入れて、キンキンに冷やした飲み物ばかり飲んでいましたけど。
今ではあたたかいお茶ばかり飲んでいます。

 

 

腸内環境を整える方法。
腸内環境を悪化させること。

 

そういうのを調べていくうちに
【アトピーに良いことはなにか?】
【アトピーに悪いことはなにか?】
それが見えてきます。

 

 

適度な運動も健康にいいといわれています。
これも大事なんですよ。

 

これは代謝をあげるために必要です。
基礎代謝があがると体がつねにぽかぽかするので、おなかが冷えません。
運動することも結局は腸につながり、アトピーの改善につながるんです。

 

 

 

 

 

健康にいいことって多いようで少ない

体を健康にする努力をしようとしても、あまり選択肢ってないんですよね。

  • 体にいいものを食べたり
  • ちゃんと睡眠をとったり
  • 適度な運動をしたり

これ以外で健康にいいことってあまり思い浮かびませんよね。

 

でもこれだけでも思い浮かぶのなら、これらのことはしっかりやりましょう。
そしてそこまで難しいことでもないと思います。
だって、これらのことは子供の頃に教わることですよね。

 

 

多くの人は基本的なことができていないのにそれがみえておらず、混乱(?)してしまって
「アトピーを治すのにいい製品はありませんか?」
という話になってしまいます。

 

根本的なところがおろそかにしたまま、裏技に頼ろうとするわけです。

 

 

バットの振り方もよくわからない人がホームランを打とうとしているようなものです。
泳げないし、自転車にも乗れない人がトライアスロンにでようとしているようなものなんです。

 

そりゃアトピーは治りませんよ。
で、裏技をやったけどアトピーが治らず、また別の裏技に頼ろうとしてドツボにハマっていくわけですね。

 

 

アトピーに限らず、人間が健康に生きるためには食事が重要です。
理屈ではないんですよ。
でもやっぱり食べることって健康につながります。

 

 

たとえば、自分は一時期便秘で悩んだ時期がありました。
そのときは朝ごはんを食べるようにすると、うんちがでるようになりました。

 

「朝ごはんを食べる」
って大事なことだと、多くの人が言っていますよね。

 

でもその理由みたいなものは、どうも曖昧です。
だからどうしても朝ごはんを食べる重要性がわからず、朝ごはんを抜く生活が増えていました。

 

 

でも、実際に朝ごはんを食べるようになってわかりますけど
「朝ごはんを食べるって大事!」
って思います。

 

こういうのはもう理屈ではないのだと思います。
言葉では説明できませんけど、実際朝ごはんを食べたほうが体の調子はよくなるんです。

 

 

腸が弱っていると、悪い症状がいろいろでます。
ある意味アトピーもその1つでしかないです。
アトピーがでるということは、腸が弱っているとあなたにSOSを送っているのかもしれません。

 

そのままにしていると、アトピー異常の重い病気になるかもしれません。
「アトピーがきっかけで食生活を見直すことができてよかった」
と思えるような、その後の人生にしてほしいです。

 

もし腸がよわって、そのまま放置していたら大腸がんになるかもしれません。
アトピーで食い止められるか、それともそのまま大腸がん行きになってしまうのか…。

 

アトピーより大腸がんのほうがつらい症状だと断言するわけではありませんけど。
やっぱり大腸がんになってしまうと、アトピー以上にショックですよね。
腸内環境は整えるようにしたいところです。